読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

固め濃い目

日々のどうでもいいことをつらつらと。

大自然の中でパスタ打つの楽しいよ!キャンプで生パスタを作ってきたぞ

アウトドア グルメ 旅行 作ってみた

f:id:katamekoime:20160604222717j:plain

キャンプが好きな固め濃い目です。キャンプは好きだけど嗜む程度なのでそんなに上級者ではありませんが、自分なりに大自然を楽しんでいます。

 

前回のブログでは燻製を作ってきたお話をアップしました。

 

katamekoime.hateblo.jp

 

今回は同じキャンプで生パスタを打ってきた話をさせてもらおうかと。パンとかはいつもキャンプ行くと作るんだけど、今回は別の粉物ということでパスタに挑戦しました。パスタはやっべっぞ!

 

それでは行ってみましょう

 

 

 

パスタの材料は?

パスタってみんなスーパーで売っているものをゆでて食べるのが普通じゃないですか?ボクも家では乾麺をゆでて作っています。でも一手間かけて粉から作るとなんとももちもちした美味しい麺が出来るのでありますよ!

 

生パスタの材料はいたってシンプル

  • 強力粉 150g
  • 薄力粉 150g
  • 卵 2個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 水 20ml

これで3−4人前ぐらいの生パスタができあます。要は粉と卵とちょっとのオイルを混ぜて、伸ばして、茹でれば完成だ!原価も超安いのであります。大体50円ぐらいですかね。

 

もっと本格的に作りたい場合は、強力粉をデュラムセモリナ粉にします。

 

 

デュラムは小麦の種類の1つで、セモリナというのは挽き方の種類。ちょっとあらびきな小麦粉になります。この粉はもとから黄色いのでみんなが見たことあるパスタの色になります。強力粉は白いので卵を入れてもやっぱり白っぽいパスタに仕上がってしまいます。

  

ちなみに粉を強力粉にして、ぬるま湯をつなぎにして伸ばせばうどんになります。強力粉はもちもちの秘訣なんでありますな。

 

 

実際に生パスタを作ってみたぞ

それでは実際にキャンプで生パスタを作ってきた一部始終をお伝えしたいと思うぞ!

 

まずは生パスタの材料をすべてビニール袋にぶち込みましょう。キャンプで服が粉まみれになるのを避けることができますぞ。

f:id:katamekoime:20160604222634j:plain

 

ぶち込んだ材料をひたすら揉みまくります。おりゃーー!

しばらくすると材料が混ざって来ますので、粉っぽくなくなったらテーブルで生地を揉みましょう。

f:id:katamekoime:20160604222643j:plain

 

テーブルにはあらかじめラップをひいておきましょう。テーブルの上が粉だらけになると片付けが面倒だしね!

f:id:katamekoime:20160604222652j:plain

 

取り出した生地をこねて、ある程度混ざったなというとこまで来たらハイ終了。30分ほどラップをして寝かせましょう。

f:id:katamekoime:20160604222656j:plain

 

30分ほど寝かせたら生地の隅々まで水分が浸透し、生地がもっちりしてきます。ここまで来たらいよいよ伸ばす工程に入りますぞ!

 

今回使ったアイテムはこれだ!

 

 

 

 

 

じゃーん!パスタマシーンだ!www

 

 

f:id:katamekoime:20160604222712j:plain

大自然の中でパスタマシーンwww

でもね、結構便利ですよ。そのまま綿棒で伸ばしてナイフで切って食べてもいいんですけど、結構大変なんですよ。

4人前とかになると全部伸ばすのにかなり時間もかかるし、伸ばした麺を置いておくスペースとか結構地味にとられるんですよね。パスタマシーンがあるとサクッと作れるし、何しろネットで2000円台で売ってるので財布にも優しいですぞw

 

 先ほどできた生地を小分けにし、軽く薄く伸ばしたらパスタマシーンに投入だ!

ぐるぐる回していくと生地が薄く綺麗に伸びていきます。はじめは厚い生地だけど、奥にあるダイヤルを調整し、生地の厚さを薄くしていきます

f:id:katamekoime:20160604222717j:plain

 

生地が薄く伸びたら次に生地をパスタマシーンを使ってカットしていきます。今回はフェットチーネ(平打ち麺みたいなヤツ)にしました。リングイネ(細麺)も同じ機械で作ることが出来るけど、太麺が好きだから問答無用でフェットチーネにw

f:id:katamekoime:20160604222916j:plain

ここまでの時間で大体50分ぐらいでしょうか。寝かせる時間が30分ほどあるので、実作業時間は20分ぐらいで出来てしまうので、かなりお手軽ですぞ。

 

今回はボスカイオーラを作りました

実際に生パスタを作っただけでは意味が無いので、ちゃんと味もつけなきゃね。

ベーコンを作ってたのでベーコンを入れたパスタに仕上げることも考えたんだけど、燻製をし始めたのが結構遅い時間だったので別のパスタに。今回はボスカイオーラにすることにしました。

 

ボスカイオーラって何さ?

◎ボスカイオーラとは‥「木こり風」という意味で、「きのこ類、ツナ」を使うパスタのこと。ちなみに『ツナ』は「切り株」に見えるかららしいです。

〜ボスカイオーラ〜 【Boscaiola】: ★パスタ好きのための、簡単パスタレシピ集

「木こり風」ってなんなんですかね。「ツナ」は「切り株」に見えるとか、、、いろいろ突っ込みたいポイントはありますけど、美味しけりゃなんでもいい!ボクはシンプルなボスカイオーラが大好きなのであります!

 

パスタを寝かせてる間にトマトソースを作ります。トマトソースはオリーブオイルでニンニクを軽く炒め、トマト缶ぶち込んだ至ってシンプルなものです。このトマトソースをベースに、炒めたきのこ類やツナを入れればソースが完成しますぞ

 

あくまでボクが好きなのはトマトベースなだけで、きのことツナであればトマトソースベースじゃなくてもボスカイオーラになります。

f:id:katamekoime:20160604223024j:plain

 

ソースを完成させたら麺をゆでます。生パスタは大体2分から3分ぐらいのゆで時間にしてます。生なだけあって乾麺より圧倒的に早い!

f:id:katamekoime:20160604222729j:plain

 

茹で上がった麺をソースと絡め、軽くレモンを絞って粉チーズとイタリアンパセリをちらして、固め濃い目流ボスカイオーラの完成じゃ!

レモン、粉チーズとイタリアンパセリはただのキブンです。 なんかこうやってると本格的な感じがするだけです。味の変化はぶっちゃけそこまでわかりません。ええ。

f:id:katamekoime:20160604223157j:plain

 

麺はもちもちの美味しいパスタが出来上がりました。ワインがグビグビ進み、一瞬で完食でありましたわ

まとめ

どうでしたか?ぶっちゃけパスタを作るだけなら乾麺を持ってったほうが手軽でいいですww

でもキャンプって料理をしている時間楽しいじゃないですか。その時間に日ごろしない生パスタを打つのは結構楽しい時間を過ごすことができておすすめです。

難しい工程もないので小さい子供とかと一緒に作業するのも楽しいと思いますよ。

それではみなさん、楽しいアウトドアライフを!!